保育士養成校:大学、短大、専門学校、通信制学校

保育士になるには、大きく二つの方法があります。ひとつめは、国家試験を受けて合格すること。

保育士の専門学校を調べるならこのサイトです。

もうひとつが、厚生労働省指定の保育士養成校に進学し、必要な課程を履修して卒業することです。
卒業すれば、試験を受ける必要はありません。
保育士養成校には、四年制大学、短大、専門学校があります。

OKWaveに関するご質問を解決いたします。

また通信制学校もあります。

それでは、それぞれどのような違いがあるでしょうか。


四年制大学は、一般教養も幅広く学び、専門課程では実習より理論に重きを置いています。



四年間あるため、より高度な内容まで学ぶことができますが、保育の現場で役立つ実践的な内容の授業は十分でない傾向にあります。
他の学校に比べて学費と時間がかかります。
専門学校は、保育士になるための授業に特化しているため、専門性が高く、保育現場で役に立つ知識と技術を集中的に学ぶことができます。
実技や実習が充実していることが特長です。

時間的な余裕はありませんが、早く保育現場に立てること、学費が抑えられること、また入学しやすいことなどをメリットとしてあげることができます。
なお、保育課程を置いている専門学校の中には、厚生労働省指定校ではなく併修校というところがあります。
併修校の場合は、通信制短大を併修する必要がありますので、注意が必要です。


短大は大学と専門学校のちょうど中間くらいで、理論と実践をバランスよく学ぶことができます。
専門学校同様、時間と費用が抑えられる点がメリットです。


通信制学校は、通信による教育、スクーリング、自習により学びます。
自分のペースで学べますが、学習を継続する意思を保つのが難しい面があること、実技の授業が十分行えない点はデメリットと言えるかもしれません。