専門学校で保育士の資格を取ろう

保育士には、専門学校を卒業して資格を得てからなる方法もあります。


この方法なら大学に行くよりも学費が安くてすむうえ、学習期間も最短二年程度ですませることが可能です。

保育士の専門学校がどんなものかご存知ですか。

また保育士の専門学校に入学するのに、年齢性別で制限はされるようなことも特にありません。


ただ唯一高卒以上の学歴があるのが条件となるので、それを満たしていない場合は他の方法で取得するか高卒の資格をとっておく必要があります。


あとは学校によっては併修と指定校の違いもあるので、そこも踏まえて選びましょう。


ちなみに卒業と同時に資格が取れるのは、厚生労働大臣指定の学校だけです。
これ以外の併修校と呼ばれるものは、別途短大の通信課程にも入学しておかなくてはいけません。

そこで短大のスクーリングを受けたうえで、併修校と短大の通信課程を卒業したうえでようやく資格が得られます。


併修校では短大の通信課程の分も余分に費用が必要となるため、指定校より学費がかかることになるはずです。

入学する場合は、どちらが有利かよく比べたうえで学校選びをするようにしましょう。

他にも保育士の専門学校は二年制と三年制があります。

毎日新聞情報を簡単に請求できます。

どちらも卒業すれば保育の資格がとれる点は変わりありませんが、二年生では幼稚園教諭二種の免許状が取れるコースとそうでないコースで分かれるところがほとんどです。



より時間をかけて保育の勉強をしたい方や、幼稚園教諭二種の免許状も同時に取得したい方は三年制の学校がおすすめといえます。


なお保育士の専門学校には夜間部門が設けられているところもあるので、働きながら資格取得を目指すならそちらも進学先として候補に入れておきましょう。